経営者の皆様、こんにちは。

今日は、横浜市が中小企業のIT、IoTの導入に対しての助成金を出すことを発表しましたので、そちらをご案内したいと思います。少額で簡単なIT、IoTのスタートアップ支援ですので、積極的に活用していただきたいと存じます。

横浜市では2019年4月15日から、小規模なIT、IoTの導入にかかる費用を一部助成することを発表しました。

かかる経費の2/3が助成されますが、最大20万円までとなっていますので、規模はかなり限られてくるのではないかと思います。とはいってもITやIoTとはなにかを知るための第一歩として活用できますので、この機会は見逃したくありません。

第四次産業革命だとかSociety5.0だとかConnected Industryだとか、大変にスケールの大きなキーワードが毎日のように聞かれる時代ですが、難しいことは考えずに、まず自分たちができることをできる範囲でトライしてみて、IT利活用を実感されてみるのが良いかと思います。その意味でこの助成は大変に有効ですね。

助成対象者の要件

今回の助成金を申請するためには、以下要件を満たしている必要があります。

  1. 設備等を導入する拠点(本社、支社、工場、研究所(部門)等)が横浜市内にあり、中小企業または個人事業主であること。(みなし大企業は除く)
  2. IT・IoT等の導入によって生産性向上が見込まれること。
  3. 申請年度の2月末日までに導入及び実績報告を行うこと。
  4. 申請者が市税及び横浜市に対する債務の支払等の滞納がないこと。
  5. 創業から12月を経過していること。
  6. 関連する法令及び条例等を遵守していること。
  7. 横浜市暴力団排除条例に基づき、暴力団でないこと。代表者又は役員のうちに暴力団員に該当する者がある法人でないこと。
  8. その他市長が適当でないと認める者でないこと

助成金額

対象経費の2/3(限度額 20万円)

申請期間

2019年4月15日(月曜日)午前9時から2020年1月31日(金曜日)午後5時まで


当ラボではIT化の企画、導入、受入、運用だけでなく、助成金の申請に関わる手続きもご支援させていただくことが可能です。ご興味がございましたらぜひお問い合わせフォームからご一報いただければと存じます。特に、横浜市で事業を営まれている事業者様は、当助成金の活用を含めてぜひ一度お話させていただく機会を頂けますと幸甚です。

本日もブログをご覧下さいましてありがとうございました!