経営者の皆様、こんにちは。

今日は、経済産業省が、電子タグを用いた情報共有システムの実験を行うことを発表した内容をお伝えしたいと思います。都内の限られた店舗にはなりますが、コンビニとドラッグストアで電子タグの活用実験を行うとのことです。

経済産業省は、2019年2月より『スマートサプライチェーン実証実験』を実施するとのことです。

実験内容

1.サプライチェーンのプレイヤー間の連携

商品に電子タグを取り付け、メーカー、コンビニ・ドラッグストア、消費者(モニター家族)間でどの商品がどう流れていくのかをログを取得し、商品の流れを可視化する実験です。

2.店舗と生活者との連携

ダイナミックプライシングと広告最適化の実験を行います。

ダイナミックプライシング実験

消費・賞味期限のある特定の商品に電子タグを取り付け、消費・賞味期限が到来する商品情報をLINEアカウントから消費者に通知します。消費・賞味期限の到来した商品の販売を促進する実験を「現金値引き型」と「ポイント還元型」の2パターンで実施します。

現金値引き型

消費者は情報を受け取り来店。値引きシールの貼られた対象商品をレジに持っていくと、シールに基づいて値引きします。

ポイント還元型

消費者は情報を受け取り来店。対象商品をレジに持っていき、電子タグと消費者のスマホに表示する電子レシート用のバーコードを読み取ってもらい、各情報を統合して条件適合が確認できたらポイントを還元します。

広告最適化実験

電子タグとRFIDリーダーを用いて、店内で対象商品が手に取られたら、棚に設置したサイネージ(広告を表示する装置)に当該商品の紹介や、おすすめ商品などの動画を流します。また、店内のカメラ、WiFi、購買履歴などのデータを活用して、来店者に役立つ広告の検討を行います。

電子タグを用いた家庭内サービスの体験

東京ガス 横浜ショールーム

IoTによって新たに生まれる過程内サービスのアイデアを体験できる場が設けられます。「スマートおもちゃ箱」「スマートゴミ箱」「スマートストック」「スマートレシピ」など。

経済産業省本館1階ロビー

電子タグを読み取る機能の追加冷蔵庫の展示。電子タグ付きの商品を冷蔵庫に入れると、冷蔵庫の外にあるタブレットに商品情報が表示されます。(実験店舗で購入した商品を入れても表示されます)

実験期間

2019年2月12日~28日


都内の限られたコンビニとドラッグストアが対象の実験にはなりますが、メーカー・店舗・消費者を対象に電子タグを活用してデータを収集することで、何か新しい情報の流れが可視化されるかも知れませんね。期間が2週間と短いですが、近くによる機会があれば少し覗いてみたいと思います。

本日もブログをご覧頂きましてありがとうございました!