認定情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)制度の認定機関が209になったそうです。

認定情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)制度の認定機関が209になったそうです。

2019年1月1日 0 投稿者: 中島竜郎

経営者の皆様、こんにちは。

以前当ブログでご紹介しました中小企業庁の「認定情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)制度」で、支援をしてくれる情報機関が新たに73認定され、合計209機関となったとのことです。改めて「認定情報処理支援機関」についてご案内したいと思います。

「認定情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)制度」は、ITを活用したいけれどもどうしたら良いか分からない中小企業と、IT導入・活用を支援する機関を橋渡しする制度となっており、ウェブサイト上では自分の要望にマッチした機関の有無を検索することが可能です。

昨年の制度開始から、現在は209機関が認定されています。中小企業の味方となる機関となりますので、IT活用に関してお気軽に利用されてみてはいかがでしょうか。

以前、下記のような記事も掲載しておりますので、合わせてご参考になさってくださいね。

本日もブログをご覧いただきありがとうございました!