「NTT系がアプリ、ビール1杯近所の穴場は?」(日経MJ)という記事

「NTT系がアプリ、ビール1杯近所の穴場は?」(日経MJ)という記事

2018年12月26日 0 投稿者: 中島竜郎

経営者の皆様、こんにちは。

今日2018年12月26日の日経MJに「NTT系がアプリ、ビール1杯近所の穴場は?」という記事が載っていましたのでご紹介致します。消費者のチャンネルは日々開拓されており、こういった動向をキャッチして自社のチャンネル追加を検討することは大切ですね。

NTTレゾナント社は「gooっと一杯」というアプリで、お店のビール1杯の価格を一覧表示する機能があるそうです。全国10万店以上の店舗データを活用して、現在地周辺や指定地域の中ジョッキ1杯の価格を表示するとのこと。

AndroidとIOS両方のアプリが出ていますので、そちらのリンクを張っておきます。

Android用  https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.nttr.gourmet.beer&hl=en_US

IOS用 https://itunes.apple.com/jp/app/id1444572080


ビール1杯の値段というのはお店によって結構ばらつきがありますから、消費者にとってはこういった観点で検索がかけられるというのは面白い試みかと思います。一方でお店側としては、ビール一杯の値段で店を選ぶ消費者の存在をご認識頂く必要がありそうです。また、ビールだけに留まらず、ハイボールにせよワインにせよ、消費者はより細かい検索でお店選びをする可能性がでてきたことにも注意していかないといけないですね。更に、こういったアプリが参照するデータベースにデータが載っていないと、検索すらされず来店候補から脱落してしまうとことにも注意が必要です。

消費者がどういう観点でお店探しをしているのか一度消費者の立場に立って考えてみて、ご自身のお店がその観点でタッチポイントを用意できているかどうかの検証が必要です。また、一度検証しただけではなく、こういった新しいアプリの存在を認識して、タッチポイントを修正していく運用も必要です。

わかるラボでは経営者の皆様とともに、業務的にもIT的にもうまく販売チャンネルが設定できているかを検証するお手伝いを行っております。ぜひ一度コミュニケーションのお時間を頂戴できればと存じます。詳しくはお問い合わせフォームよりご連絡頂けますと幸いです。

本日もブログをご覧いただきありがとうございました!