経営者の皆様、こんにちは。「ITのちからで地域に貢献したい」でお馴染み、『わかるラボ』の中島です。

今日2018年10月11日の日経産業新聞に「最適配送、AIが立案 日立と三井物産が開発へ、コスト抑制」というニュースが載っていましたのでご紹介したいと思います。第四次産業革命のお手本のような素晴らしい取組ですよ。

日立製作所のサイトにニュースリリースが載っていましたので、リンク先をご案内致します。

三井物産とAIを活用した配送業務の最適化に向けて協創を開始

物流業界では取扱量の増大や労働力の減少といった課題を抱え、各社で業務効率化の取組を進めています。ドライバーやトラックの確保の問題に加え、効率的な配送ルートを組むには熟練した担当者の経験を必要としており、複雑化した現在の物流網に対応した計画を組む作業が困難となっています。

そこで日立と三井物産は配送計画をAIを用いて作成するサービスを開発したとのことです。

  • AIを使って納品日時、物流センターなどの拠点位置、走行ルート、走行時間、渋滞情報、積荷や滞店の時間、車格、ドライバー条件などを数値化して蓄積する。
  • 熟練者の配送計画立案ノウハウをコンピュータ処理手順に落とし込む。
  • IoT[note]IoT:モノのインターネット。あらゆるモノの情報がネットワークを通じて集約、分析、活用される仕組み。[/note]を活用し、情報精度を高める。

多くの物流会社に展開されることで、効率化はますます進んでいくことになりそうですね。また、中小の物流会社や、卸、倉庫、小売においても、こういった情報のやり取りが可能な口(インターフェース)を設けることで、効率化の一翼を担うことができそうです。

まさに第四次産業革命と呼ばれる今の時代のお手本的IT活用と思います。中小企業においてもこの考え方は大変参考になります。取組の状況について注視していきたいと思います。

本日もブログをご覧いただきましてありがとうございました!

最終更新日:2018年12月20日