認定情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)制度続報

認定情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)制度続報

2018年9月22日 1 投稿者: 中島竜郎

経営者の皆様、こんにちは。「ITのちからで地域に貢献したい」でお馴染みの、『わかるラボ』ティー・ナカジマです。

以前、当ブログでお伝えしました中小企業庁の『認定情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)制度』ですが、予定通り8月末をもってシステムベンダ登録申請が締め切られたようです。今日は、現在の状況について共有したいと思います。

スマートSMEサポーターとは、自分の欲しいサービスやツールなどを提供してくれる国のお墨付きの業者を素早く探すことができる便利な仕組みです。詳細は以前の記事を参照なさって下さい。

わかるラボ「ところで「認定情報処理支援期間(スマートSMEサポーター)制度ってご存知ですか?」

2018年9月11月には、スマートSMEのサイトに検索画面が登場しました。

情報処理支援期間検索画面

検索項目は、

  • フリーワード
  • 対応業種
    • 「飲食・サービス」「宿泊」「卸・小売」「運輸」「医療」「介護」「保育」「製造」「その他」から選択
  • サービスの分類
    • 「予約」「コミュニケーション」「販売・店頭」「決済」「顧客管理」「原価管理・業務管理」「人事シフト」「受発注」「財務・会計」「給与」「その他」
  • 郵便番号

となっていました。

現在、情報の精査・登録中と推察されます。10月中旬から表示予定だそうです。画面に表示されるようになったら、改めて共有したいと思います。

本日もブログをご覧いただきましてありがとうございました!

最終更新日:2018年12月20日