事業者の皆様こんにちは。「ITのちからで地域に貢献したい」の『わかるラボ』ティー・ナカジマです。

中小企業庁が展開するサイト「ミラサポ」で、「ITを活用して生産性を向上する小規模事業者!」と題したページが公開されていますので、今日はそちらをご紹介したいと思います。自社の改革のためには他社の事例を学ぶことも大変重要かと存じます。ぜひご一読ください。

ミラサポビジネススクール「ITを活用して生産性を向上する小規模事業者!」

2018年度「小規模企業白書」から、IT導入を推進することで労働生産性を向上させている小規模事業者の取組状況を紹介しています。

  • 事例1-1 「パンの製造工程を数値管理するシステムを自社開発し、業務効率化によるコスト削減を実現」(有限会社ミッキーチェーン)
  • 事例1-2 「持続化補助金を活用して顧客情報のデータベース化や来店予約システムの導入を実施。接客に集中できる環境の構築で、顧客のリピート率を向上」(株式会社中村固腸堂)
  • 事例1-3 「助成金を活用して業務を改善。システム化によってホテルの予約受付と顧客管理を効率化し、人手不足を解消」(株式会社みよしや)
  • 事例1-4 「POSレジアプリとクラウド会計ソフトの導入で、低廉なコストで日々の経理業務を効率化。リアルタイムの経理情報を経営にも活用」(イトウスポーツ)
  • 事例2-1 「専門家の支援を受け、集客や管理を効果的に行えるシステムを導入。自社ホームページの刷新も実施したことで、2年間で売上を倍増」(大瀬株式会社)
  • 事例2-2 「クラウドファンディングを活用して資金を集め、看板商品を復活。商品のブランディングと潜在顧客の獲得にも活用」(株式会社太田煙火製造所)

間接業務の効率化や売上アップをITの力を使って実現した事例が掲載されています。身の丈に合った投資金額と、既存サービスを組み合わせることでスピーディーな対応を行い効果を得られている事業者様が紹介されています。

最近は多彩なサービスがインターネット上で連携されるようになって、少し前には考えられなかったくらい複雑な仕組みを、比較的安価にスピーディに立ち上げられるようになってきています。しかし残念ながらそういった情報が地域の事業者様のところまで行き渡っておらず、業務効率向上や売上アップになかなか繋げられない状況もあるかと存じます。

「ITのちからで地域に貢献したい」でお馴染み『わかるラボ』は、そんな事業者様のよき相談相手になれるよう、日々情報共有させて頂いております。まずはお気軽にお声がけ頂ければと存じます。(問い合わせフォーム、TEL:050-3553-7653 (土日祝除く10:00-17:00))

本日もブログをご覧頂きありがとうございました。

最終更新日:2018年12月20日