まずは「物流」「商流」「情報流」を整理してみたいと思います。

まずは「物流」「商流」「情報流」を整理してみたいと思います。

2018年6月27日 0 投稿者: 中島竜郎

事業者の皆さん、こんにちは。「ITのちからで地域に貢献したい」でお馴染み【わかるラボ】のティー・ナカジマです。

さて、私は一体地域で何の貢献できるのか、日々黙々と考えております。このブログをお読みになっている方は、どういったことでお困りなのでしょうか?すでにお困りの点が明白な方は、会計士さんや税理士さん、商工会議所や情報システムの会社などにご相談されているかも知れませんね。

そうではない経営者様に、まず私の方でお手伝いできそうなことは、御社の「物流=モノ・サービスの流れ」「商流=お金の流れ」「情報流=情報の流れ」を『見える化』するところかなと考えています。

分かりやすく流れ図を書いて、モノやサービス、お金や情報がどこから来てどこへ行っているのか。これを『見える化』する。経営者様と認識を合わせ、その中で困っていることや効率化を図れそうなところがないかを話し合うベースとしてみる。そうしてみたら、何かの改善活動に取っ掛かりやすいのではと思うのです。

実はこの『見える化』という作業はやってみると大変で、なかなか時間を割くことができないものです。そこで、事業会社の情報システム部門で20年の経験があるわたくしティー・ナカジマがお手伝いすることができないかと考えております。

「物流」「商流」「情報流」の『見える化』についてご興味がある方は、ぜひ一度お問い合わせフォームにご連絡をお願いいたします。

いずれにしましても、対面で膝を突き合わせながら、どういった進め方をするかご相談のお時間を頂けますと幸甚です。

本日もブログをご覧頂きありがとうございました。

最終更新日:2018年12月20日